肌を紫外線から守る!日焼け止めの正しい使い方

夏が近づくとお店に並び始めます

夏になると厳しい日差しが続きますよね。美白のためや日焼けをしないためにも、外出するときには必ず日焼け止めを塗っているという女性は少なくありません。5月や6月になるとドラッグストアの店頭には日焼け止めが並び始めます。クリーム、ジェル、スプレータイプなど形状は様々で、ボディには広く塗る必要があるのでスプレーや水のように伸びるジェルタイプが便利です。顔の皮膚は薄く強いものを塗ると肌が疲れたり炎症を起こしやすくなるので、化粧品メーカーの出している日焼け止めを使っている人が多いです。

SPFとPAの値をチェックしよう

日焼け止めのパッケージには、SPFとPAという値が書かれています。これらは紫外線からどれだけ肌を守れるかという指標です。高いものではSPF50、PA++++という表記がされていますが、普段、通勤や買い物に出かける程度であればSPF20~30程度のもので十分です。SPF50は海や山のレジャーに出る時に使います。数値が高いほど肌を守ってくれるのは確かですが、肌に負担の高い成分を使っているので、使い分けが大切ですよ。

こまめに塗り直しましょう

朝の準備の時だけ日焼け止めを塗れば、一日中効果が持続するというわけではなく、日中汗をかいたり手で触れたりすることで、少しずつ日焼け止め効果が薄くなってしまいます。そのため、2~3時間に1回は日焼け止めを塗り直すことが推奨されています。塗るときにはたっぷりの量を出しましょう。日焼け止め効果を発揮するにはたっぷりの量をムラなく塗るのが肝心です。メイクの上に日焼け止めクリームを塗り直すの大変なので、日焼け止め効果のあるルースパウダーを使うと便利ですよ。

品川美容外科の提訴について調べる