美しい形にこだわるパーツ痩せトレーニング

垂れてくると恥ずかしい二の腕

体重からすると痩せているのに、形がきれいでないせいで誤解されることもありますよね。単に痩せるのではなく、美しく見える形を作ることが大切です。まずは、ほおっておくと垂れてきてしまう二の腕、二の腕は筋肉を鍛えて脂肪が垂れないようにするのが良い方法です。手を後ろに回して、指先を自分の方に向くようにして地面に手のひらをついてヒジを真ん中に寄せるようにギューっとした後、少しお尻を浮かせて、できるところまで肘を曲げると効果があります。肘が外に広がってしまうと効果がないので気を付けながら自分のできるところまで頑張りましょう。

スマートにパンツをはきこなすための太もも

太ももが太いと、恥ずかしくてダボっとしたパンツや、少し長めのスカートしかはけなくなってしまいますよね。日本人はブレーキ筋ともいわれている、太ももの前の部分が発達する傾向にあるので、トレーニングのやり方を間違えると形が悪くなってしまいます。すでに筋肉がついていて太い人は、寝ている状態で、脚を折りたたんで足先をお尻の下に置くストレッチと、普段から背筋を伸ばして重心が胸辺りに来るようにして歩くことをお勧めします。続けると、前と後ろの筋肉のバランスが徐々に良くなってきます。脂肪で太い人は、あおむけで片足をつま先をまげてあげ、反対の足のつま先は伸ばし、次にうつぶせでつま先をまげてあげ、反対の足のつま先はのばすという筋肉トレーニングを行うと良いです。

こちらも垂れると恥ずかしい胸

胸に脂肪がついていること自体は、何の問題もありませんが、垂れてくるとちょっと恥ずかしいですよね。胸が垂れないようにするには、鎖骨の下のあたりの筋肉を鍛えて、持ち上げるようにすることが効果的です。最初に普段の姿勢ですが、背中を丸め方を内側に寄せるような姿勢をしていると、ターゲット部分の筋肉は常に緩んだ状態になってしまうので、胸が垂れてきてしまいます。肩甲骨を寄せるイメージで背筋を伸ばすと効果的です。次に、1日1回で良いので、手を後ろでつないで腕を伸ばすようにして筋肉を伸ばし、お祈りをする姿勢をして内側に力を入れて筋肉をきたえると効果があります。

品川美容外科の判例について詳しく