夏に美白を目指すためにする3つのアドバイス!

日焼け止めはSPFの使い分けを意識する

SPFは紫外線防御指数といって20分をSPF1として日焼け止めを塗らない場合と比べて紫外線から守ってくれる時間を表したものになります。この数値が高い日焼け止めは長時間日焼け止めの対策になる一方でお肌への負担が増すというデメリットがあるので外出時間に合わせた日焼け止めを選ぶと肌への負担が少なくなります。なので、紫外線対策をするなら日焼け止めは最低、長時間の外出と短時間の外出の二つの日焼け止めを用意しておくといいでしょう。

βカロチンを意識した食生活で美白を目指しましょう

βカロチンにシミそばかすを薄める作用がありますから、積極的にβカロチンを摂ると美白に近づきますね。この物質を多く含む野菜に人参があり、特に皮に多く含まれているのでなるべく皮をむかずに人参ポタージュにして食べるのがお勧めです。また、βカロチンを摂取するときには加熱してあると吸収率が高まるので温めるとさらにいいでしょう。暑い夏場にはミキサーにかけてジュースにしてしまうのもおすすめですね。他にβカロチンを含む野菜はホウレン草やカボチャなとがあるので組み合わせてみるといいでしょう。

お風呂で体を温めると美白になる

美白になる要素にHSP70という種類のたんぱく質が大きくかかわっています。紫外線によるダメージの結果としてシミやそばかすが出てきますよね。そのダメージを最小限に抑えて肌を美白にしてくれるのがHSP70で、このたんぱく質が増えるために必要なのは温めるということです。お風呂のお湯ならば40度にすると20分程度つかることでHSP70が増加します。他に暖める方法としては蒸しタオルで温めるという方法がありますね。

品川美容外科の起訴について詳しく